シロウト社説の戯言

『物価2%目標、好循環伴う実現目指せ』(7/21日経社説)http://www.nikkei.com/article/DGXKZO19079590Q7A720C1EA1000/「日銀が、消費者物価の上昇率が安定的に2%に達する時期を、従来の予想から1年先送りして「2019年度ごろ」とすることを決めた。収益が好調な企業が賃金を引き上げ、それが個人消費の拡大につながり、物価も上がるという好循環の実現に政府・日銀は粘り強く取り組む必要がある。黒田東彦日銀総裁が2013年4月にいわゆる異次元緩和を始めてから物価安定目標の達成時期を先送りするのはこれで6回目になる。(略)」日銀首脳部やリフレ派の“物価目標やるやる詐欺”も6回目ともなると、もはや、失笑や侮蔑を通り越して同情を禁じ得ない。経済成長や分配に興味のない安倍首相の威光に縋り、金融緩和政策やマイナス金利という片肺飛行に固執して「物価目標」という...

ご支援くださる方はクリック→