平成29年7月5日九州北部豪雨 愛媛大防災情報研究センター二神透氏に質問

  7日付愛媛新聞1面で、愛媛大学防災情報研究センター副センター長の二神透氏が九州北部の豪雨災害についてのインタビューで、「近年は想定を超える雨が降っているので、河川整備などを含めて対応できていない。もし整備すれば、全国でとんでもない費用がかかる。(中略)各自が「命を守る行動を取る」というソフト面で備えるべきだ。」と言っていましたが、「とんでもない費用がかかる」ことのいったい何が問題なのか私には全くわかりません。二神氏には私のような学歴の低い庶民にも理解できるようにご説明いただきたいものです。

  二神氏はおそらく、いわゆる「国の借金」が増えることが問題だと言いたいのでしょうが、これは日本国民にとって大した問題ではありません。  日本は自国通貨建てで国債を発行しており、日銀が国債を買い入れることで政府債務を減らすことが可能...

ご支援くださる方はクリック→