崩れ去るグローバリズムと時代の潮流

 >>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック瓦解し始めたグローバリズム引き金を引いたのはやはりあの男だった。そう後世の歴史家に語られるかもしれないトランプをきっかけとして、報道によると報復関税の嵐が起こっているようです。「自国第一」の連鎖対米報復関税、7カ国・地域3兆円(日経)【ワシントン=河浪武史】トランプ米政権の鉄鋼・アルミニウムの輸入制限に各国が反発し、報復関税の応酬となっている。すでに欧州連合(EU)や中国など7カ国・地域が対抗策を表明しており、対象となる米国産製品は最大300億ドル(3.3兆円)を超える。米政権の強硬策が相手国のナショナリズムを刺激し、各地が「自国第一主義」に傾く負の連鎖に陥っている。(後略)日経は非常にネガティブな現象として、アメリカの輸入制限とそれに対する報復関税を報じておりますけれども、私の印象ではもはや「時代の要請であり...

ご支援くださる方はクリック→