崩壊の危機に瀕するメルケル政権

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『失った所得、失う所得①』三橋貴明AJER2018.6.26https://youtu.be/Edj-Fbw8LkU◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆メルケル首相が率いるCDU(キリスト教民主同盟)の姉妹政党であるCSU(キリスト教社会同盟)のゼーホーファー党首(内相)が辞任の意向を固めたと報じられています。「女帝を追い詰める移民問題」で解説した通り、メルケル首相とゼーホーファー内相は、移民問題で激しく対立していました。ゼーホーファー内相は、「他のEU加盟国で難民登録済みの難民はドイツ入国を許さず、元の登録国に送還する」という、ダブリン協定に沿った対策を求めていました。メルケル首相はゼーホーファー内相からの圧力を...

ご支援くださる方はクリック→