「法定準備制度は、銀行の信用創造規模=マネーサプライを制約しない」という話

本日は、望月夜様の寄稿コラムです!現代貨幣論に伴う信用創造の「実際のメカニズム」についてのコラムを頂いております。正確な理解をしようとすると、現代貨幣論の全体的な概要を再度見直してみることが必要になるかと思いますが、私(ヤン)がおそらくここが要点であろうと思う点は「銀行の信用創造(貸し付け)は預金残高に依拠しない。借り手の返済能力にのみ依拠する」ということかと思います。※不正確であった場合、望月様はなにとぞご一報いただき、コメント欄などで訂正をいただけたらと思います。ここまで詳細な議論となると、私は実は自信がなかったりします(汗ダラダラダラ)ぜひお読みいただき、脳みそに汗をかきましょう!と思います。私(ヤン)も脳みそが汗でダラダラです!(笑)現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です...

ご支援くださる方はクリック→