西日本豪雨 政府の無策と国民の無関心が命を奪った

西日本の広い範囲で記録的豪雨となり、幼い子どもを含む多くの死者、行方不明者が出ているほかライフラインや家屋にも甚大な被害が出ている。  まずは、亡くなられた方々のご冥福と被災された皆様への心からのお見舞いを申し上げたい。

  先月の大阪北部地震の時にも本ブログに書いたが、今回の豪雨災害でも自然によってではなく、政府の無策と国民の無関心という人災によって多くの尊い命が奪われたように感じられ、強い憤りを覚えている。  2014年の広島土砂災害、2015年の関東東北豪雨、昨年の九州北部豪雨など過去の多くの災害の教訓から、砂防ダムや堤防等の治水・治山事業の推進、道路等のインフラ強化、避難施設の整備などやるべきことはわかっており、多くの国民がしっかりと関心を持ち、政府に対して災害対策のための支出拡大を要求していれば、国債が100%自...

ご支援くださる方はクリック→