西日本豪雨について、どうしてこうなった?

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック非常災害本部の設置は遅かった西日本豪雨、死者77人・安否不明40人以上企業の操業停止相次ぐ(ロイター2018.7.8)[東京8日ロイター]-西日本を中心に甚大な被害をもたらしている記録的な豪雨で、政府は自衛隊などによる懸命の救出作業を続けたが、8日午後8時までの報道によると、死者は77人に達した。被害は企業活動にも拡大し、自動車メーカーを中心に操業停止などが相次いでいる。共同通信によると、死者は77人、安否不明は40人以上にのぼっている。避難指示・勧告の対象は19府県の260万世帯、計590万人。気象庁は高知県、愛媛県、岐阜県に出していた大雨特別警報を8日午後に全て解除したが、増水した河川の氾濫や土砂崩れには厳重な警戒が必要と呼びかけている。政府は8日、非常災害本部を設置し、安倍晋三首相は「機動的に態勢を強化し、救命救助や...

ご支援くださる方はクリック→