武田 砂鉄・評『カルピスをつくった男 三島海雲』山川徹・著 – 毎日新聞


武田 砂鉄・評『カルピスをつくった男 三島海雲』山川徹・著 >>記事全文
毎日新聞
やがて迎える戦時中も含め、身動きがとりにくい時代に、「人類」や「世界の人々」という大きな言葉を好んだ三島。超就職氷河期に直面し、他者への想像力を失った新自由主義社会への疑念を持ち、物書きとなった著者。三島の足跡に、自己を最優先する社会への警鐘を溶かして ...

ご支援くださる方はクリック→