マスゴミは税金の使い道に文句を言うな

先週、台風7号から派生した豪雨は、西日本から東海地方にかけて大きな被害をもたらした。本稿を書いている9日正午現在、毎日新聞の記事によると、いまだ被害の全容が判っていないものの13府県で死者102名、安否不明90人という大参事だ。改めて、命を落とされた方やご親族の方々に心よりお悔やみを申し上げるとともに、被災された皆様にもお見舞いを申し上げます。家屋の2階にまで押し寄せた洪水に家財や私財を滅茶苦茶に破壊され、救出後も呆然と佇むしかない被災者のお気持ちを思うと、かけるべき言葉も見つからない。震災にしろ、津波にしろ、風水害にしろ、一気に街を飲み込み壊滅的な破壊をもたらす大災害の悲惨な爪痕を前にして、命さえ助かればよいというものではなかろう。中には、家族の命と財産の両方を一度に奪われた方もいるだろう。愛しい家族や営々と築き上げてきた財産の一切合切を理不尽な自然災害で失った時の絶望感は如何ばかりかと...

ご支援くださる方はクリック→