格差社会でいるくらいなら、日本は「階級社会」を目指した方がいい – 現代ビジネス


格差社会でいるくらいなら、日本は「階級社会」を目指した方がいい >>記事全文
現代ビジネス
新自由主義は、企業間だけではなく、会社の内部の個人同士の自由競争がより良い社会を作りあげるという信念を広める。そして、そこで生じた貧富の差は、スーパーリッチが生み出す富が貧者へとしたたりおちる(トリクル・ダウン)かぎりにおいて、正当なものであるとした。

ご支援くださる方はクリック→