西日本豪雨 ダム放流 メディアの的外れな批判

  西日本豪雨で愛媛県の野村ダムの放流により肱川が氾濫し、西予市などで被害が出たとして各メディアは管理者の対応を批判しているが、こういう批判は的外れで、今後の災害に備えるうえでも全く役に立たない。

  そもそも、治水用のダムというのは洪水被害軽減に極めて有効で今回の豪雨でも一定程度の役割を果たしたと思われるが、無論、無限に貯水できるわけではなく、無理をすれば決壊などもっと大きな被害が出た恐れがあり、放流はやむを得ない対応だったといえよう。  一方で確かに下流で大きな被害が出たのも事実で、同じ被害を繰り返さないために必要なことを考えていくべきだが、ダム管理者への批判は無意味であり、こんなことに終始していては亡くなった方々はうかばれない。

  貯水能力を増やしたり、低い位置に放流口を設置するなどの既存...

ご支援くださる方はクリック→