保育園義務教育化

古市憲寿氏「ビルの中に保育園建設するための制度を」と提案
現在の日本では「待機児童」の問題など、保育園と保活に翻弄されるママたちの切実な現状がある。『保育園義務教育化』(小学館)の著書を持ち、これからの保育園の新しいあり方を提案する若手の社会学者、古市憲寿さんに改善策を聞いた。「日本はひとりっこ政策をしてこなかったけど、実質的にしているのと同じ。女性が子育てをしにくい環境をつくっているのは国や社会であることに気づいてほしい」。そう語る彼が提唱する「保育園義務教育化」――その仕組みとはどうなっているのか。≪続きを読む≫ [アメーバニュース] 保育園を義務教育化するという、社会学者の提案です。 少子化の最たる原因は家庭の経済的状況だと思いますが、子供を預けることができれば両親とも安心して働くことができ、経済的問題の解決につながる、という点や、乳幼児教育の重要性などが提案の根拠のようです。 ...

ご支援くださる方はクリック→