日本経済の病巣は需要不足にあり

6月29日に、中小企業庁から「第140回中小企業景況調査(2015年4-6月期)」が公表された。
調査概況では、「中小企業の業況は、持ち直しの動きを示しているものの、一部業種に足踏みが見られる。“全産業の業況判断DIは2期ぶりにマイナス幅がやや拡大した”、“産業別に見ると製造業はマイナス幅が拡大し、非製造業もややマイナス幅が拡大した”」とコメントされ、昨年の消費税増税以降に大きく落ち込んだ中小企業の業績が、いまだに回復していないことが窺える。 業況判断DIについて、2015年4-6月期(以下、「当期」)は全産業ベースで▲18.7(前期比▲0.9ポイント)とマイナス幅が拡大している。 製造業全体で▲15.6(同▲1.5ポイント)とマイナス幅が拡大している。
業種別では、パルプ・紙加工品(▲1.1/同+10.2ポイント)や家具・装備品(▲12.3/+5.8ポイント)、繊維工業(▲14....

ご支援くださる方はクリック→