経済成長の源泉は、国民の財布の中にあり

6月29日に、新生銀行から「2015年サラリーマンのお小遣い調査」というレポートが公表された。
(今年の4/15~17に全国の会社員やパート・アルバイトなど合計2,536名を対象としてネット調査を実施したもの) 日本全体の景況感について、報道では、アベノミクスにより今年の春闘による賃金引上げ率が0.67%と前年実績(0.49%)を上回ったことを受けて、景気の見通しを楽観視する見方が強い。 一方で、街の声や世間の意見を拾うと、「自分の給料は全く上がっていない」とか、「給料が上がっているのは輸出で儲かった大企業だけ」、「物価の値上がりに給与の伸びが追いつかない」といった不満の声が大勢を占める。 今回紹介するレポートは、混沌とする景気動向の見方に一定のヒントを与えてくれる。 まず、月平均の小遣い額は男女ともに減少している。
男性会社員は37,642円と前年比1,930円の減少(▲4.9%...

ご支援くださる方はクリック→