「衝動」に支配される世界①

今回は本の紹介です。 アメリカジャーナリストであるポール・ロバーツ氏の著作『「衝動」に支配される世界』~我慢しない消費者が社会を食いつくす~(原題「TheImpulseSociety;AmericaIntheAgeofInstantGratification)』(ダイヤモンド社)について書きます。
http://www.diamond.co.jp/book/9784478029305.html
少々高い本ですが、経済学等特に専門知識がなくても読めます。非常に分かりやすい。 消費者がより今すぐの「欲望」、「リターン」を求めるようになった結果、形作られた社会経済システムが、いかに各人の精神を破壊するか、そして社会経済システム自体も自己破壊に向かう様子が著わされています。 今回は特に経営及び経済的な事象を一部抜粋します。 「2005年に企業のCFO(最高財務責任者)400人以上に対して行...

ご支援くださる方はクリック→