中国の経済危機こそ、日本の危機

上海の株式市場の暴落から始まり、中国経済が大変なことになるかもしれません。この危機は、一旦落ち着く可能性もありますが、長期的な中国の先行きは厳しいと思います。1国内の格差 2飲料水ふくむ環境破壊の進行 3民族対立の激化 4官僚の腐敗 5諸外国との領土問題等の摩擦(インド、ロシア含む) 6共産党一党支配のひずみ
ざっとあげただけでもこういった問題点が、中国にはあります。
長期の問題点としては、新生児の男女出生数の偏り(男:女120:100)、 一人っ子政策も絡んで2030年以降の急激な人口減少もあります。
若年男性が余るようになると、社会不安は増します。それらを補うには、カンボジアなどの、より貧しい途上国から若年女性を大量に移住させないといけないようです。仮に余った若年男性を移民させた場合は、国内の労働者が足りなくなるので、困難です。
このままの出生傾向なら、かな...

ご支援くださる方はクリック→