大国たちの未来予想図

1.アメリカ合衆国

すでに他の記事でふれられているとおり、ヒスパニック(スペイン語話者)や中国系、イスラム系などのマイノリティが増加していき、政治的な変化があるでしょう。例えば、中国寄りの政治勢力や、スペイン語圏との融和を目指す政治勢力が生まれてきてもおかしくありません。

イスラム系の人口の伸び次第では、中東政策も変わってくるかもしれません。

その一方で、キリスト教保守派の巻き返し(危機感)も相当に起こり、反動とリベラルのせめぎ合いで、国家としては分断されていくでしょう。

その一方で、先進大国では唯一人口が伸びる上に、軍事大国として長く一強の座を維持する可能性は高いと思われます。

2.中国

この国は、長期的には衰退するでしょう。

まず第一位に、一人っ子政策を原因とする長期的な少子高齢化です。

次に、深刻な環境破壊と病気の問題です。緑色や赤色...

ご支援くださる方はクリック→