貿易黒字は必ずしも善ではない

貿易黒字は必ずしも善ではない

対外純資産が増えるのは、日本人が国内に投資せずに、外国に投資するからだという話を聞くことがありますが、これは大きな勘違いです。前にも言った通り、海外投資をいくら増やしても対外純資産の増減とは関係ありません。対外純資産と資本収支とは無関係です。
対外純資産の増加は、経常収支の黒字による以外にありません。経常収支の黒字は、国家の単位では、国家がどれほど利益を上げたかと言うことではなく、どれほど物資を出しているかということにすぎません。貿易黒字は輸出したものの対価にすぎませんが、貿易企業はお金を儲けることが出来ます。貿易企業は輪出して持って帰って来たドルを円と交換し、貿易企業は円によって人件費を支払います。そして、貿易企業は最後には円を手にするのです。輪出して得たドルは、日本政府(日銀)が引き取り保有しますが、日本国内では使い道がないので、アメリカ国債などを...

ご支援くださる方はクリック→