予算の逐次投入という愚策

「内閣府が十七日発表した2015年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.4%減、この成長が一年続くと仮定した年率換算で1.6%減となり、三・四半期(9カ月)ぶりにマイナス成長に転じた。GDPの約六割を占める個人消費が冷え込んだことや、輸出が振るわなかったことが響いた。」(中日新聞記事より) 既に報じられたとおり、今年4—6月のGDPは、名目ベースでは年換算0.1%増とかろうじてプラス成長を維持したものの、実質ベースでは再びマイナスに落ち込んでしまった。
マイナス成長になって要因は、円安や世界的な原料高による食料品や生活物資の急激な値上がりの影響による個人消費の不振、公共事業の頭打ちによる地域経済の減退感、中国経済をはじめとする世界規模での景気減速による輸出の不振等にあると言ってよいだろう。 今年1-3月期のGDPが、実力以上に高い...

ご支援くださる方はクリック→