妊娠教育

今日はこんな記事です。 <文科省>妊娠しやすさと年齢、副教材に高校生向けに作製 文部科学省は妊娠のしやすさと年齢の関係や、不妊に関する内容を初めて盛り込んだ高校生向け保健教育の副教材を作製した。少子化対策を担当する内閣府と連携して作製した。21日の閣議後会見で有村治子女性活躍担当相が発表した。8月下旬から全国の公・私立高校に配布する。 現在の少子化の原因の一つが晩婚化です。晩婚化の原因として、妊娠のしやすさに対して男女とも正しい知識が不足しているということが指摘されています。年をとってから、自分が妊娠しにくい年齢になっていることに気づいても遅いので、若いうちに、妊娠のしやすさを念頭においた人生設計を建てることが必要です。 そのために必要なのは正しい教育です。 今日の記事は、政府が高校生向けに妊娠のしやすさについて教材を作製したというものです。 教材を使用するかどうかは高校に任されるので、ど...

ご支援くださる方はクリック→