ベーシック・インカムで実現する企業と社員の新しい関係

今までは、企業は社員の教育に多くの時間とお金をかけてきたが、
景気が大きく上向くことが期待できない状況で、これからは多くの時間とお金を投資できない。
社会保険の負担も年々増加し、企業にとって大きな負担となっているため、
正社員ではなく、必要な時に必要なだけの人材を確保したいと思っている。
一方で、社員もライフスタイルが多様化し、これまでの硬直的な働き方では満足できない。
多くの会社が企業と社員の新しい関係を模索している。
外資系企業のように、単にドライな関係になるのではなく、
企業と社員が、お互いを生かし合うような対等な関係を保つ、
すなわち、社員は自分が本当にやりたいことを仕事にして、自分の能力を100%発揮して会社に貢献するとともに、会社も社員一人ひとりのライフスタイルを尊重するような関係、
それを可能にするのが、...

ご支援くださる方はクリック→