都知事選の大きな流れ

東京都知事選では小池候補の「圧勝」という結果に終わったようです。細かいことは色々なところで分析がなされているようなので、大きな流れの中でこれがどういう風に解釈できるんだろう?という話を書いていきたいと思います。 まず前提条件として踏まえなければならないのは、東京都というのは「日本一お金持ちな都市」ということでしょう。インフラは凄く整備され、人口の流入は止まらず、企業だって本社は1980年代には大阪50、東京50だったそうですけど、今では大阪10、東京90くらいの勢いです。まさに日本の中枢都市としてき機能し、構造的には「何もやらなくても悪くなることはない、むしろ集中が進む一方」という下地、土台があるわけです。石原慎太郎元都知事なんかは、あまり都庁に来なかったそうですし、新銀行東京なんて結構失敗したわけですけど、それでも批判は多かったものの石原氏は都知事を続けられたわけです。&nbs...

ご支援くださる方はクリック→