福島智氏の語る「二重殺人」から 「ナチスの障害者『安楽死』計画」を考える – ハフィントンポスト


福島智氏の語る「二重殺人」から 「ナチスの障害者『安楽死』計画」を考える >>記事全文
ハフィントンポスト
こうした思想や行動の源泉がどこにあるのかは定かではないものの、今の日本を覆う「新自由主義的な人間観」と無縁ではないだろう。労働力の担い手としての経済的価値や能力で人間を序列化する社会。そこでは、重度の障害者の生存は軽視され、究極的には否定されて ...

ご支援くださる方はクリック→