平成28年版少子化社会対策白書を読む6 第二部第一章第三節

平成28年版少子化社会対策白書を読んでいます。

今日は概要版から第2部第1章重点課題第3節「3人以上子供が持てる環境を整備する」です(リンク先、ページの後半にあります)。

内容は、
1.多子世帯における様々な面での負担の軽減
多子世帯の経済的負担の軽減
多子世帯又は第3子以降を対象とする保育所等の優先利用
住宅政策における多子世帯への配慮・優遇措置
となっています。

このブログでは何度も強調しているように、現状では、全ての家庭の希望が叶えられたとしても合計特殊出生率が2を超える見込みはありません。

3人子供がいる家庭の負担を軽減するだけではダメで、今「1人あるいは2人子どもをほしい」と思っている家庭を「3人ほしい」と思うように変えていかなければ少子化は解決しません。

政府も多子世帯への支援が重要だということは認識しているようですが、現在の政策は「負...

ご支援くださる方はクリック→