東京23区の合計特殊出生率と3世代同居率の関係

先日ご紹介したインタビューに、東京23区では合計特殊出生率と3世代同居率の間に正の関係があるという言及がありました。今日はデータを探してみました。

こちらの29ページにありました。

確かに正の相関があります。解析結果は出ていませんが、おそらく有意でしょう。

が、この間に本当に因果関係があるか、というと首をひねってしまいます。

3世代同居率は、最も高い品川区でも8%に達していません。1割に満たない世帯が区全体の出生率を左右するほど子どもが多いでしょうか?

28ページには6歳未満の児童がいる世帯のうち、3世代同居世帯の割合もありますが、これもやはり1割未満です。

ということで、これはおそらく見かけ上相関があるだけだろうと思います。

3世代同居が少子化対策として効果があるかどうかは、同居している人としていない人で出生数に違いがあるか、ということを調べる必...

ご支援くださる方はクリック→