金融は主役ではない・・・現在は脇役さえできていない



人気ブログランキングへ




老いの一徹:「金融は主役ではない・・・現在は脇役さえできていない」


「金融緩和をすれば景気が良くなる」などというのことは、安倍・黒田のような大根役者がいうセリフです。

高度成長期の金融というのは、常に引き締め状態でした。当時は民間に自由に貸しだせる金融資産など皆無でしたので、最終的には日銀が印刷機をフル運転させて、日銀券を刷りまくりそれを貸していました。しかし、野放図に貸し出しをやっていたのではありませんので、当然抑制的でありました。すなわち常に金融引き締めを実施していたのです。
この状態を外部から観察した人が、「金融引き締めをすれば景気が良くなる」との観察結果を出しても不思議ではありません。がしかし、「金融緩和をすれば景気が良くなる」ということと同様にそうした観察結果は皮相的見方に過ぎないことは明らかです。

結局、...

ご支援くださる方はクリック→