”リオオリンピック「3億円」で立派に開会式成功させる!!”

  私も、景観や自然環境の破壊など問題のある事業については見直しが必要だと思います。ただ、尾木ママにはもう少し経済の勉強をしてほしいと思います。


ブラジルの場合は高インフレ、つまり需要に対して供給能力が不足する状態が慢性化していたので、リオデジャネイロオリンピックにおいて費用を抑えるのは正しいソリューションだと言えます。しかし、日本のようにデフレ(低インフレ)、つまり供給能力に対して需要が不足する状態が慢性化している場合は、政府支出の削減は国民の所得をさらに減らしてしまうので、間違ったソリューションです。


デフレ下の国においては、政府支出を拡大し、国民の貧困化を食い止めなければならないのです。例えば、2020年東京五輪のメインスタジアムになる新国立競技場の観客席をプラスチック製から木製に変更することが検討されていることについて、費用が多額になるとの批...

ご支援くださる方はクリック→