料理と社会の複雑性(雑談)

はい、コテヤンです。この出だしは1ヶ月ぶりくらいな気がする(笑)この記事は号外で、まぁ適当なことを書いていこうかなと思っています。 んで今日は料理と社会の複雑性としてみました。実はコテヤン、経済学やら哲学やら社会学やらを理解する時に「あぁ料理や料理屋で言うとこーいうことか・・・」などと理解している場合が多々あります。(おかしな理解の仕方ではありますけど、概念を実感として持つときには有効だったりします) 例えば現象学的循環なんて、ワインとチーズのマリアージュみたいな話やろ?もしくはアミノ酸の相乗効果みたいな話やね~とか。もしくは料理屋で言うと、汚いところだとどんどんお客さんが離れていく悪い循環、綺麗にして美味しい料理を出すのだと良い循環に入っていく、とかね(笑)[壁]д・)チラック、クリック…
他にもリカードの比較優位って、要するにファミレス化やろ?みたいなね(笑)寿司...

ご支援くださる方はクリック→