不安定に蠢く世界の現状、国際情勢

これ書いているのが2016年8月5日現在なんですけれど、どうも昨日から不穏なニュースが目につきます。今日はいくつかの象徴的なニュースと、日本がどうしていけばいいの?という提言というか方向性というか、そういう所に少し触れたいと思います。 魚釣島沖の領海、中国公船2隻が一時侵入(読売新聞) 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、7日午前10時過ぎ、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島沖の領海に、中国海警局の公船2隻が相次いで侵入。午前10時37分頃から午前10時43分頃にかけて、2隻とも領海の外に出た。 結構やばい話なんですけど、外務省は抗議だけで済ませるんでしょうか?そろそろ日本も尖閣諸島に基地建設なんて必要になってきているのかもしれません。  トルコ大統領が欧米非難、「クーデター側だ」(読売新聞)トルコの国営アナトリア通信などによると、エル...

ご支援くださる方はクリック→