吹奏楽マニアに捧ぐ・第89回『オリンピアーダ』

今回の【吹奏楽マニアに捧ぐ】のコーナーは現在開催中のオリンピックにちなんだ曲を選んでみました。
今回、紹介する曲はS.R.ヘイゾ氏作曲の『オリンピアーダ』という曲です。

過去に紹介したヘイゾ氏の曲はこちら第3回ライド(サミュエル・R・ヘイゾ)http://ameblo.jp/claemonstar/entry-11923394891.html
1996年に書かれた『オリンピアーダ』ですが、オリンピックを彷彿とさせる金管楽器のファンファーレで始まり、その後は変拍子のスピード感あふれるテーマへと移っていき、エキサイティングなメロディー展開がなされます。そして、競争をイメージするかのごとく、力強いフレーズが繰り返されたのち、最後に再び華々しいファンファーレでクライマックスへと向かいます。
ノリもよく、吹奏楽になじみのない人でも聞きやすい部類の曲だと思います。
グレード設定は「5+」...

ご支援くださる方はクリック→