平成28年版少子化社会対策白書を読む14 コラム3

平成28年版少子化社会対策白書を読んでいます。

今日は概要版から4つめのコラム「地域における結婚支援の取組~地域少子化対策強化交付金等の活用事例~」です。

昨日も書きましたように、少子化は地方によって原因が異なり、行うべき対策は地域によって違います。その意味では国だけでなくそれぞれの自治体が知恵を絞って行う必要があります。

で、このコラムでは、自治体が具体的に何をしているのか、2つ例が紹介されています。

一つは茨城県の「マリッジサポーターの育成及びネットワーク構築」です。

要点をまとめると、
・茨城県には「いばらき出会いサポートセンター」があり、結婚支援事業の拠点として各種事業を展開している
・これと別に、各地域において結婚支援を行うボランティアの「マリッジサポーター」にお見合いのセッティング等を委嘱し、全県的に結婚支援を実施している
・マリッジサポー...

ご支援くださる方はクリック→