想像力と当事者意識と政治

本日はちと色々と忙しく、また予約記事もない状態なので、ごくごく簡単に日本の現状と、当事者意識の欠如という話をしてみたいなと。 例えば世界情勢というのは非常に不安定ですし、EUで言えば難民問題や、ドイツ銀行の不安、ギリシャ等々。またアメリカはトランプかヒラリーかで恐らく大きく、今後の歴史を左右するでしょうし、TPPについてもどうなることやら?という状況。中国は南沙諸島、尖閣諸島に危険なチャレンジを仕掛けていまして、南沙諸島は実質的には実効支配されつつあり、国際裁判所の判決なんぞ中国はものともしておりません。 またロシアはエマニュエル・トッドによると、戦争は避けたがっているというような状況らしいですが、そんな中で中国と日本を天秤にかけているような気がします。そして我が日本は?というとTPPに前のめり、移民推進、国家戦略特区やら構造改革やらで、20年間も間違え続けた政策を絶賛...

ご支援くださる方はクリック→