資本主義の行方/天皇の「生前退位」/お気持ち表明 – 毎日新聞


資本主義の行方/天皇の「生前退位」/お気持ち表明 >>記事全文
毎日新聞
について「時間かせぎの資本主義」を批判的に取り上げながら、「国民国家の主権はとっくに空洞化している」と指摘する。 人口学・歴史学者エマニュエル・トッドは「世界は『新自由主義』をもう我慢できない」と題するインタビューで、「17世紀以来、人類の知的・科学的・経済的発展 ...

ご支援くださる方はクリック→