「保守主義とは何か」その源流に迫る①~ソウルメイトの思想

本日はソウルメイト様の寄稿コラムをお届けいたします!

今回も超力作コラムです!

エドマンド・バークについて、皆様と知識を共有するだけでも、保守についての議論も、より高いものになっていくことだろうと思います。

私も何度も読み直して頭に叩き込んでいこうと思います。

それでは、皆様もじっくりと味わいながら読んでくださいませ^^/


人気ブログランキングへ

『「保守主義とは何か」その源流に迫る①』~ソウルメイトの思想





今回は、保守主義の源流とされるエドマンド・バークについて、宇野重規さんの「保守主義とは何か」という著作の記述をご紹介したいと思います。宇野さんは、このように書いておられます。


「保守主義とは何かを考えるにあたって、まずはその“原点”を確認しておきたい。保守主義の源流として、しばしば指摘されるのが、エドマンド・バー...

ご支援くださる方はクリック→