平成28年版少子化社会対策白書を読む18 コラム7

平成28年版少子化社会対策白書を読んでいます。

今日は概要版から10こめのコラム「子育て支援パスポート事業」です。8・9こめのコラム(震災被災地の支援と子供の貧困)は除きます。震災被災地はローカルな問題であること、貧困支援は直接的には出生率向上には結びつかないと思うからです。

「子育て支援パスポート事業」とは、「地方公共団体が実施主体となり、協賛を得た企業・店舗において、子育て世帯が割引や優待サービス、乳幼児連れの外出支援・応援サービスを受けられるもの」だそうです。昨日このブログで紹介した埼玉県の「パパ・ママ応援ショップ」もこれの一環なんだろうと思います。

さて白書で紹介されているのは、以下の取組です。
1協賛店舗の拡大
2サービス内容の充実
3広域的な利用(全国共通展開)

どれだけ割引されるのかなど具体的な情報はありませんので何ともコメントしようがありません...

ご支援くださる方はクリック→