TPPで食の安全が脅かされる(TPP4)

はい、相変わらず読書量と仕事がきついコテヤンです。少々体調を崩しておりまして、昨日は朝7時の更新が出来ませんでした。ということで本日は短めに。 さて今回はTPP第四回、山田正彦氏の著書「アメリカも批准できないTPP協定」第4章からです。 アメリカの金融資本やらグローバル企業が「金儲け優先主義」になって、遺伝子組み換え食品やら「フランケンフィッシュ」を生産しようとしている、それに対してTPPを批准してしまうと、マズい!と言う話なんですけれども、本書の内容に沿わず、お子さんをお持ちのお母さん、お父さん向けに話したいと思います。[壁]д・)チラック、クリック…
まず第一に遺伝子組み換え食品の危険性、と言うのは様々な場所で報告されているのですけれども、人類が遺伝子組み換え食品を作り出してからまだ30年弱。広まり始めてから20年位といったところでしょうか?アメリカでは遺伝子組...

ご支援くださる方はクリック→