安全保障とは何か?軍事、食、エネルギー

安全保障とは何か?と言いますと、大体の人は「軍隊」「軍事力」などの単語が浮かぶでしょうし、決して間違った認識でもありません。じゃぁ「安全保障はなぜ必要か?」という質問を受けたとして、スラスラと答えられる人はどれくらいの割合いるでしょうか?例えば上記への問いに対して軍事に詳しい人なら「抑止力として必要だ」と答えるかもしれませんし、嫌韓、嫌中ならば「中国の脅威が」と答えるかもしれません。もしくはクラウゼヴィッツを読んだことがある人ならば「軍事力なき外交は、音符なき五線譜だ」と答えるかもしれません。 しかしどの答えも、安全保障の一端を表してはいるものの、本質的な答えにはなっていないと思います。民主主義国家において「安全保障」とは、国民主権、国家の有り様を自分たちで決定できる権利を持続的に持ち続ける、そのための方策だということが可能です。つまり先程の軍隊の話に戻せば、他国に攻めこまれ、...

ご支援くださる方はクリック→