よいものを知るにはまずいものも知るべし【ゲーテとの対話4】

本日はくらえもん様の寄稿コラム、【くらえもんの世界】(管理者で勝手に命名しました__)をお届けします!


人気ブログランキングへ
4週目となりました『ゲーテとの対話』です!!

ゲーテとの対話上(岩波文庫)
エッカーマン著山下肇訳
ゲーテとの対話上(岩波文庫赤409-1)/岩波書店

¥1,015
Amazon.co.jp
(中巻と下巻もございます。)


『ゲーテとの対話』よりゲーテの格言を紹介するこのシリーズ。第4回目の今回はエッカーマンが芝居鑑賞について「まずい芝居ですと、辛抱が要りますね。」と言った後のゲーテの言葉です。

「それがまたかえっていいんだよ。外へ出るにも出られないで、どんなまずいやつでも否応なしに見せつけられるのも、ね。そういうときは、まずいやつが憎らしくてたまらなくなるだろう。それだけまた、よいものに対する目が肥えてくるというわ...

ご支援くださる方はクリック→