反新自由主義陣営の今後の戦略はどうなるのだろう?

タイトルの通り、反新自由主義陣営が今後取るべき戦略とはという視点から論じていきます。

まずはその前に状況を認識することが戦略を考える上での第一歩になろうかと思います。
1)安倍政権では相変わらず規制緩和、農協改革等々の新自由主義的政策がまかり通っている
2)外国からの圧力も強く、未だに諸外国も新自由主義的政策に傾倒している
3)大手メディア等々も諸手を上げて「改革」を支持し、未だにその状況から脱しているメディアはほぼいない
4)日本国の国民そのものが良くならない経済への方策を「ルサンチマンを満たすための改革や規制緩和、既得権益の打破」といったものに求めている

こういった状況が今の日本にあるのだとコテヤンは認識しております。
上記だけ見れば日本の今後の状況は絶望的であり、反新自由主義陣営には取れる戦略すら無いように思えますが、コテヤンはそれは違うと思います。
以下の様な状況があるからです。

1)日本においても有識者が危機感を持ち、反新自由主義、正しい経済政策への理解を長年発信している
2)それに呼応し反新自由主義、正しい経済政策を叫ぶブログが多々ある

わずかづつではありますが、正しい知識をもった有識者達が発信した情報はネットを駆け巡り少なくない人々を導いております。
ただ残念ながら新自由主義陣営と比べますと反新自由主義陣営のちからは未だにか細く、まともに対抗しようとしても出来ない状況が現実だと思います。

以上の状況認識から我々「正しい経済政策をしてほしい」「日本のためになる経済政策をしてほしい」と、それだけを願っている反新自由主義陣営はどのような戦略を取るべきでしょうか?
ランチェスターやクラウゼヴィッツ、孫氏曰く戦力の不利な方は各個撃破、ゲリラ戦術を駆使すべきとのことです。
しかし今の状態ですと反新自由主義陣営のビックネーム(三橋貴明先生、藤井聡先生等々)はともかくとしても、我々一般庶民がブログでいくら書こうがゲリラ戦術にはなりません。
単なる分断された個々では全体に影響が軽微な戦力(とも呼べないかもしれません)にしか過ぎません。

実際にコテヤンはとある方に誘って頂くまで「進撃の庶民」様サイトを知りませんでした。
多くの人達が「日本に正しい経済政策を!」と書いていることを知りませんでした。
進撃の庶民様で討論会のおりに「シールズとかってサイトもってるやん?反新自由主義陣営もいるんちゃうかな?」というご提案(実際は大阪弁じゃない)を受けた時に「こらいるわ!」と正に我が意を得たり、といいますかお役に立てると思い立ち上げましたのは、上記のような状況と戦力の糾合が必要だと感じたからでした。

今我々、反新自由主義陣営の「庶民」に必要なのは我々が一つとなり「大きな声をあげられる」環境なのだと思います。
また我々が大きな声をあげられるようになれば、それは先述したビックネームの識者の方たちの言説に「これだけ多くの人達が後押しをしている」という後方支援にもなりえます。
そうなれば識者の方たちの発言力、発信力もより高まるでしょう。
またブルーオーシャンからビックネームが排出される可能性だってあります。

そのためにも今は多くの反新自由主義陣営、正しい経済対策をと求める国民の声、議論、また入り口にブルーオーシャンがなれればいいなと。
そんな思いを持っております。

以上の思いから「議論に参加しなくても」「読むだけでも」まったくいいのです。ただ時間のあるときに色々見て、学んで、ご自身で考えて頂だければ。
ただ会員数はきっと将来「武器」になりますので、よろしければ会員登録だけでもお願いしたいと思います。
我々日本人の現在の生活を良くするために、そして子々孫々よい日本を残すためにも我々の声を一つにして大いに叫びましょう。

「新自由主義は間違っている!」

と。


このユーザーがいいねしています

  • コテヤン@どうやら管理人
  • holyfirework
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • avatar
  • まさ

コテヤン@どうやら管理人
About コテヤン@どうやら管理人
とあるご縁でブルーオーシャンを立ち上げることに… YouTubeでは高橋聡として動画投稿しております。 チャンネルへ |  反新自由主義・反グローバリズム コテヤン基地(毎日更新) |  進撃の庶民(毎週月曜寄稿)