自治体の保育士待遇改善

保育園に入りやすくなるかも!?東京23区で保育士の待遇がよくなった自治体
待機児童の解消を目指して保育園の新設が進む中、保育士確保のためにさまざまな待遇改善策を施す動きが東京23区で進んでいる。国や都の補助事業を活用するほか、独自に手当を拡充したり特典を設けたりする内容だ。今年度予算に独自事業を組み込んだ自治体に話を聞いた。≪続きを読む≫[アメーバニュース] 昨年、保育士の待遇が国レベルで少し改善されました。国の平均では年収が約3万円増えたとのことです。しかし元が悪すぎるため特効薬とはなっておらず、相変わらず保育士は不足状態にあります。 国レベルの改善では全く足りないので、各自治体が独自の優遇策を加え、保育士を確保しようとしているようです。今日の記事はその優遇策を紹介しています。 まず、東京都では年収約4万4千円の上乗せ補助を行っています。また、国・都・区...

ご支援くださる方はクリック→