内閣改造でサプライズが殆どない?

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ権力闘争に敗れた安倍政権安倍政権の本質とは権力の維持だけである、と私は認識しております。憲法改正議論の主張を見てみれば一目瞭然。最初は96条改正だ!といっていたのが緊急事態条項に変わり、そして次は9条3項の追加と教育無償化なのですから。そこに「日本国憲法はこのようにあるべきだ!」という信念は感じられず、ひたすら憲法改正という手柄を上げたいだけの姿勢がすけて見えます。ではなぜ手柄を上げたいか?歴史に名を残したいという名誉欲ももちろんあるでしょうが、手柄を上げれば権力の維持につながるから、というわけです。 そして今、安倍政権は「国民の安倍政権不信」という決定的な現象によって、権力の基盤そのものを失おうとしております。政策への反対ではなく、不信ですのでもはや「安倍総理退陣」以外で...

ご支援くださる方はクリック→