コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命

『(私の提言)「今年から愛媛県のドクターヘリの運行が始まりましたが、ご案内の通り、道路上への着陸や夜間、悪天候時の運行ができないなど課題も残されています。そこで、次のような提案をしたいと思います。
現場に直接臨場でき、夜間や悪天候時も運行可能なドクターカーを県内全市町に配備する。
国に制度の改善を求めるとともに、自衛隊の救難ヘリと同機種の機体を導入して、自衛隊のパイロットを民間航空会社に供給する割愛制度を活用するなどし、夜間や悪天候など厳しい条件下でも運行できるようにする。」

(知事の回答)「御提案のうち、まず、県内全市町へのドクターカーの配備については、119番通報を受ける消防機関と一体化することで効果的運用が図られる一方で、多くの医療人材を専従で確保する必要があり、医師不足や医師の地域偏在により、足下の地域医療体制の維持確保が困難な中、御提案の実現は大変難しい状況となってお...

ご支援くださる方はクリック→