「狂騒の20年代」への回帰 – ル・モンド・ディプロマティーク日本版


「狂騒の20年代」への回帰 >>記事全文
ル・モンド・ディプロマティーク日本版
この勝利を機にフランスの新たな統治者たちは労働法典[の修正]を狙いとして、欧州委員会が進める新自由主義的な政策を力ずくで通そうとうずうずしている。前任者のオランド氏よりも若く、教養があり、彼にはなかった創造性とカリスマ性を少しは備えているマクロン氏によって、 ...

ご支援くださる方はクリック→