「M字カーブ」と少子化

今日はこんな記事です。 「M字カーブ」落ち込み最少働くママ、青森が1位 「M字カーブ」というのは、横軸に年齢、縦軸に女性就業率をとったときに、30から40歳頃に低下し、その後再び増加することを言います。要するに、結婚・出産までは働くけど、その後退職し、子育てに手がかからなくなったらまた復帰する、ということを意味するわけです。 現政権では「女性活躍」を謳っており、「M字カーブ」の解消を目指しています。労働力の確保という意味でも重要です。 よくわからないのは、「M字カーブ」が少子化とからめて議論されることです。少子化の根本的な原因は家庭の経済的な問題にありますので、いったん退職すればその後の収入減によって第2子・第3子を産みにくくなる、ということがあるかもしれません。しかし、そういう因果関係があることを直接的に示した調査結果を見たことはありません。&n...

ご支援くださる方はクリック→