完全競争市場と不完全競争市場と政治

 >>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ経済学の無理矢理性先日、主流派経済学の筋の悪さは、その社会の捉え方で「そもそも政治、国際社会、共同体、国家の捉え方がないので、そもそも論として経済学の想定する”市場”はフィクションにすぎない」と書きました。概要だけ申し上げますと、政治とはそもそも「合理的な決断を出来ない場面が多い、そしてそれに影響される市場は合理的であるはずがない、従って(殆どの事柄は)数式化など出来るはずがない」との主張でした。 どうも「主流派経済学」などを批判しますと、「完全市場は市場の原理を教えているだけだ。現在の経済学は不完全市場を想定している!」のだそうです。ちなみに、この記事は面白くないので書いた時点でアップします(笑)こんな専門的な話、一般読者が面白いはずがないじゃないか(笑)&n...

ご支援くださる方はクリック→