配偶者控除は廃止すべき

今日はこんな座談会です。 「150万の壁」で主婦の働く意欲は湧くか 配偶者控除廃止の議論が盛り上がりましたが、廃止ではなく、控除条件が103万円から150万円に引き上げられることに。働く女性たち4人が、配偶者控除はどうなるべきか話し合います。 一時期、配偶者控除を廃止するという議論がありましたが、逆に控除条件を引き上げるという、まさかの決着となりました。 配偶者控除の欠点は、女性の働く意欲を削ぐ原因となりかねないこと、子無し世帯にも利益となってしまうことで少子化対策としてはあまり機能していないことなどが挙げられます。 座談会は日本女子経営大学院の修了生4人によるものです。結論がありますので、以下抜粋します。 (1)妻ではなく、子どもがいる世帯をどーんと優遇すべきです
子どもを預けられない環境、家のことは女性がやるべきという風潮の...

ご支援くださる方はクリック→