終身雇用の破壊は、付加価値や生産性を低下させる

『働き方改革、目先の残業対策に走るのは間違いだ~生産性の向上は付加価値の拡大で実現すべき~』(8/1JBPRESS加谷珪一)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50650「働き方改革がクローズアップされてきたことから、大企業を中心に長時間残業を抑制する動きが顕著となっている。日本人が働き過ぎであるという問題は以前から指摘されてきたことだが、これまでのところ、目立った成果を上げることはできなかった。その点からすると、今回の残業抑制に対する各社の本気度は高く、これまでにない成果が得られる可能性も出てきたといってよいだろう。一方で、各社の取り組みの中には、本末転倒なケースも散見される。正式な統計がないのではっきりした事は分からないが、数字上、残業を抑制するため、派遣社員やフリーランスに仕事を丸投げするケースが大企業を中心に増えているという。(略)働き方改革に...

ご支援くださる方はクリック→