普通地方交付税の交付状況について

住民税等地方税収とならび、地方自治体の貴重な財源である普通地方交付税の交付基準を知っていますか?

当該自治体の人口規模等から基準財政需要額という必要な歳出額を算定、それから税収見込額に75%を乗じた基準財政収入額を差し引いた額、つまり財源不足額がほぼ地方交付税の交付額となります。

総務省のホームページから
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/c-zaisei/kouhu.html
・各団体の普通交付税額=(基準財政需要額-基準財政収入額)=財源不足額

・基準財政需要額=単位費用(法定)×測定単位(国調人口等)×補正係数(寒冷補正等)

・基準財政収入額=標準的税収入見込額×基準税率(75%)
ただし、地方交付税の原資については、所得税や法人税などに一定の率(法定率)を乗じた額と決められていますので、税収不足が生じた際には不足が...

ご支援くださる方はクリック→