後進国化を挑戦と呼ぶバカ大統領

『「TGVもう造らない」、仏新大統領が爆弾発言~「高速鉄道より在来線」、運輸相とは意見対立』(8/9東洋経済ONLINE佐藤栄介/鉄道ジャーナル編集部記者)http://toyokeizai.net/articles/-/183452?「7月2日に、フランスで2本の高速線が同日開業して1カ月余りが経過した。南ヨーロッパ大西洋線(トゥール―ボルドー間)、そしてブルターニュ=ペイ・ド・ラ・ロワール線(ル・マン―レンヌ間)の2線だ。開業前日、フランス国鉄(SNCF)は大規模なセレモニーを開催。就任間もないエマニュエル・マクロン大統領も、高速列車TGVに乗車し、会場のレンヌを訪れた。セレモニーも終盤に差し掛かった頃、マクロン大統領が登壇し、招待客の前で約19分間、スピーチを行った。大統領は率直に高速線2本の同日開業という歴史的偉業を祝った後、次のように宣言した。「これ以上、高速線計画に着手しない」...

ご支援くださる方はクリック→