③応益税の代表例・固定資産税と消費税について

③応益税の代表例・固定資産税と消費税について 固定資産税と消費税は「応益税」の代表例です。土地固定資産税は、道路建設によって接道する土地の値上がりで接道する土地の所有者が他の国民より格別な利益を得てしまい、そのままだと行政サービスの受益の度合いに不公平が生じるので、あえて行政サービスの副産物たる地価という外形標準に課税するものです。したがって、担税力が無視されることもある程度は理解できます。ただし、担税力が無視されるとは、今お金が有ろうが無かろうが課税するということですから、お金が無い場合、土地を売らなけれはならなくなります。土地の売却を強制する結果となり、これは、所有権を侵害することになりますから、必ずしも正しいかどうか議論の余地が残ります。しかし、担税力の出来るのを待って課税するのであれば、売却時の譲渡所得または賃貸時の地代所得を分離課税とし、他の所得より高い税率で課税する...

ご支援くださる方はクリック→